先輩メッセージ 企画デザイン制作部 部長

  • back
  • index
  • next

ヤル気のある奴だけ本当の達成感を味わえる

佐川印刷ではソリューション営業部が頂いてきた仕事を、デザイナーである自分達が、お客様に提案するデザインを考えています。会社としてはWEBやデータベースやeコマース的なこともやってるんだけど、ここではデザインの話を中心にしようと思う。

ものづくりはどれだけ深くお客様の背景を読み取るか

デザインする上で大切にしていること、ものづくりはどれだけ深くお客様の背景を読み取るか。一般的に捉えられているデザインって、物の形であったり、「これ綺麗だな」とか「これセンスがいいな」とか、なんとなく感覚的に考えていると思う。だけど、実際はそうじゃなくデザインとアートは違う。アート=芸術は自分が表現したいものをつくる。それに対してデザインというのは、基本的にお客様ありき。つまりお客様の目的が必ずある。その目的っていうのは例えば新しい商品を作ったからその商品を売りたいということであったり、売上UP のため、店舗を増やし販路を広げることの告知、それらがセールスプロモーションになる。官公庁などで祭りやイベントをするということだったら、集客が目的だし、そのお客様が地元のお店でお金を使い地域活性化していくことも考えておく必要がある。目的があってそれを達成する手段の一つがデザイン。だからデザインって形を作るんじゃなくて、考えを明確にし、その問題解決の手法として形があると考えたほうが分かりやすいんじゃないかな。

となってくると、コンセプトを考える上で何が重要か。それは、お客様のことをよく知ること。つまり市場や流行、お客様の競合相手の商品特徴・価格・販路などのウリを比較し、自分が担当しているお客様は何がウリなのかを知る。その上で営業さん達と仕事をしている。目的達成への考え・手段をどう第三者に伝えるかということがいわゆる「コンセプト」ということかな。そうなってくると、どれだけ深く考えていくかが大切。考え抜いた末の背景をお客様とエンドユーザーには感じさせず伝えられる。それが本当にセンスのいいデザインじゃないかな。

ミーティングの様子

Message 骨のある奴へ 佐川からの声

こちらの文章の続きはパンフレット「Message」にてご覧いただけます。「Message」は説明会などで配布しています。

ぜひ御手にとってご覧ください。※送付はしておりません。

  • back
  • index
  • next

エントリーフォーム

pagetop